家で夫婦2人で個人事業のメリットを見直しました

夫婦で家で個人事業のメリット 個人事業でネットショップ運営

私たちはこれまでも家で夫婦で個人事業で働くことのメリットをたびたび感じてきましたが、今回の新型コロナウイルスの件で、改めてそのメリットを強く感じています。

同じ個人事業でも、店舗を構えて仕事をしたり、人を雇っている場合は大変な苦労を強いられていると思いますが、私たちのようにもともと実店舗は構えずネットでの商売のみで、また人も雇わず夫婦2人で商売をしている者は、緊急事態宣言が発出された後も、生活パターンとしては普段の日常とそれほど変わらない生活を送ることができました。

普段からほとんどお客様ともメールや電話でのやりとりで直接お会いすることもないので、もともとSTAY HOMEのような環境です。
もちろんお客様の方で予定していたイベントが中止になったり、要請に応じて休業されたりすることで、私どもが受注していた仕事がキャンセルになったり、いつもご注文頂いているお客様からのご注文が無かったりなどの影響はありますので、売り上げがいつもよりもかなり少なくなっているのは確かですが、様々な店舗様のように休業を余儀なくされ、売上が全く立たなくなってしまう上に店舗の家賃や人件費を支払わなければならない状況に比べれば、多少なりとも売り上げを立てられ、家賃も自宅の分のみ、という状況はありがたいと思っています。

家で仕事をすることの最大のメリットは、やはりなんといっても

通勤をしなくていい、ということです。

これまでも、例えば台風の時とか、大雪の時とか、インフルエンザがすごく流行っている時など、通勤をしなくていいメリットは感じてきましたが、今回の新型コロナの件で、さらに強くこのメリットを感じています。

テレワークが推奨され、今回初めて在宅勤務を経験した方も多いと思いますが、いかがでしょうか?
お子さんが小さい方は、お子さんの相手との両立が難しいということもあると思いますが、だんだんとコツを掴んで慣れてくれば、やっぱり通勤がないのは楽ではないでしょうか?

無駄に早起きをしなくてもいいですし、仕事が終わったら即プライベートに切り替えられます。
ちょっと具合が悪かったら横になることも出来ますし、天気が悪い日に外に出なくてもいいんです。
洋服も人目を気にする必要もなく自分の好みのファッションでOKですし、毎朝化粧をする必要もありません
仕事の時間中でも、うまく調整すればプライベートの用事(買い物や通院など)を平日の昼間に済ませることもできます。
私たちは「在宅勤務」のような生活を10年以上続けていますが、在宅勤務を上手にやっていくコツみたいなものもありますので、別の記事でご紹介できればと思っています。

一方で、もちろんデメリットもあります。メリットばかり、ということはないですからね。

会社員の方から見て、個人事業で一番不安に思うのは、「安定性」ではないでしょうか?

もし仕事がうまくいかなかったら、まったく収入がなくて、生活できなくなってしまうんじゃないか。

その不安は当然です。もちろん私も始める前はとても不安でしたし、今でも問い合わせや注文が減ってしまった時には正直不安になります。
そういう意味では、個人事業を始めることは「冒険」かもしれません。

でも、この「不安」って、たとえ会社に就職していたとしても同じではないでしょうか?
確かに雇用されている間は毎月給料はもらえますが、今の時代、会社が定年までずっと雇用してくれる保証なんて、ありませんよね。
今回のような緊急事態が起こったり、そこまでいかなくても会社の業績が悪化したりすれば、減給や悪くすれば解雇という可能性もあります。そしてそれは自分ではほとんどコントロールできません。

そんな未確定な収入をあてにして、多くの方は多額の住宅ローンなどを組んでいたりします。
私からすれば、そっちの方がよっぽど「冒険」のように感じます。

個人事業に限らず、自分で起業した場合は、確かに収入の保証はありませんが、この先どうするかは全て自分でコントロールできます。
例えコントロールできないようなことが起こったとしても、それに対してどう対処するかは自分で決められます。
収入が増えるも減るも自分次第なので、状況に応じた行動ができます。
そして、収入の上限はありません。どんなに頑張っても収入の上限をある程度決められてしまう会社員とは違って、自分の頑張り次第で上限なく収入アップも可能です。

ただ、全ての責任は自分にあるので、そのプレッシャーはかなりあります。
なかなかうまくいかないことも多い中で、プレッシャーに負けずに前に進む気持ちを保ち続けるための努力や勉強は常に必要ですね。私たちも2人でその点については努力を続けています。

あと、個人事業をやるにあたっての大きな不安の1つに、

クレームになったらどうしよう

ということがあると思います。
会社員でしたら、もし何かクレームが起こっても、通常は上司や会社が守ってくれますので、個人が全ての責任を負わされることはあまりないかと思いますが、個人事業の場合は誰も守ってくれません。
何か問題が起きたら、自分で何とかしなければいけないのは事実です。

ただ、なるべくクレームにならないようなやり方、というのはあります。
それでもクレームになってしまった場合の対処法というのもあります。
それらについては主人の道成が熟達してますので、道成に記事にしてくれるよう、言っておきますね。

新型コロナがいつ終息するか先が見えない中、「新しい日常」なるものが求められています。
もしかすると、「新しい常識」というのも出来てくるかもしれません。
そんな変化が大きそうなこれからの時代でも、幸せに生きていくために、人に雇われるのではなく自分の力で稼ぐ、という選択肢もあって良いと私は思います。
その道をこれから選ぶ方に、少しでも参考になることを発信していきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました